あなたの借金の悩みを解決します!
借金地獄から抜け出せる方法を見つけましょう!
自己破産に関する情報サイトです。

自己破産DE問題解決!!

自己破産の注意点

自己破産をする人には、お金が返せない、返しきれないという人がほとんどだと思いますが、もし今の状態でお金を返すことが出来なくてもう自己破産するしかないってなったときに、先ず自己破産について注意点がいくつかあります。ここでは自己破産の注意点についてご紹介していきます。

先ず自己破産をすると裁判所へいって破産したいという宣告をしないといけません。自己破産をする人の中にはいくつかの金融会社からお金を借りているという人が多いと思います。なので、そういったどこでどのくらいの金額を借りたのかということは自分で把握しておかなければいけません。たとえそれが金融会社でなくても、友達や知り合いから借りたお金があるとしても、それもきちんと裁判所へ宣告しないといけません。嘘は禁物です。一つでも抜けているものがあると、もしかすると自己破産が出来ないということもあるので気をつけて下さい。また、借りたお金を一度も返していないところがあると、それも問題となってきます。なんで問題になるの?って思う人もいると思いますが、一度も返さないで破産宣告をしてしまうと、詐欺破産となってしまうからなのです。支払う気がなかったと見られてしまうので、そうなってしまうと自己破産が出来なくなってしまいます。じゃぁどうしたらいいのかというと、一度支払いをしてから、破産手続きをするか、もしくは破産手続きをするときに一度も返していないということを裁判所or弁護士へ相談をしましょう。もしかすると、自己破産が出来るケースもあるようです。

次にカードローンについてですが、こちらも注意が必要です。自己破産の宣告をするときにカードローンは借金じゃないと思っている人が多いようですが、カードローンもきちんとした借金の仲間です。カードローンもきちんと裁判所へ宣告しなければいけません。また、これも借金だと思っていない人が多いと言われていますが、他の人の借金の保証人になっているということです。これは借金に入らないんじゃって思われる人も中にはいると思いますが、これもきちんとした借金です。これも裁判所へ宣告しなければいけません。
自己破産を裁判所へ宣告する場合には、絶対に嘘はついてはいけません。借金を借りたところに抜けているところはないか、保証人にはいっていたりしないか、カードローンはないかなど全部宣告漏れがないようにしなければいけません。当然全部を把握しておくことは難しいと思います。でも、把握しておかなければ自己破産をしたくても、抜けているところがあれば、自己破産が出来ないなんてこともあるので、注意して下さい。

裁判所へ破産宣告をして自己破産が出来ると、それから7年は借り入れをすることは出来ないです。その上ブラックリストに名前がのってしまいます。ここで一つ注意点なんですが、自己破産をした後に、「お金を融資しますよ」などといった勧誘のはがきが送られてくることもあるそうです。そういったはがきを送ってくるところのほとんどはヤミ金だと言われています。お金の誘惑に負けてしまって、また手を出してしまっては自己破産をしたのに何の意味もなくなってしまいます。自己破産をした後から新しい生活のスタートです。お金の誘惑に負けてしまってはいけませんょ。

最終更新日:2015/4/7